PE-BANK

法人のお客様

様々なIT課題を解決し、御社のビジネスを推進します

ディレクスのITディレクターは全て解決できます!

  • 事業計画を実現させるためのシステム立案やコンサルテーション
  • RFP(提案依頼)作成支援
  • システム開発プロジェクトのマネージメント(進捗管理、課題管理、工数管理、など)
  • 外部ベンダーコントロール
  • 要求定義や要件定義
  • 他部署間における調整業務 など
  • 40代 複数のITベンチャー企業において事業企画や組織戦略、業務基盤の整備を担当
  • 30代 金融系SierにてSE~PMを経験し、事業会社にてサービス企画や開発マネージメント、プリセールスまでを担当
  • 30代 複数の事業会社における情報システム部門にてシステム企画、経営層への提案(社内稟議支援)、ベンダーマネージメントを担当
  • 40代 システム開発を経験をベースとしてWeb制作会社を立ち上げ、大手クライアント向けのWebディレクションを多数担当

ディレクスの特徴

  • #1必要な期間、工数だけ活用できます

    企業に属していない独立した「個人」であるため、1日~1か月単位まで、また稼働率も週1日~週5日まで様々な契約が可能です。

  • #2全ての人材がITディレクターに必要な前提条件をクリアしています

    ディレクスに所属しているITディレクターたちは、以下の前提条件をクリアしています。

    1. 事業会社(ユーザー企業やWeb系企業)側の立場での就業経験
    2. プロジェクトマネージメント経験
    3. ITエンジニアとしてのシステム開発経験
    4. 大規模プロジェクトの経験
    5. 要件定義の経験
    6. 常に成長しようとする高い志

  • #3経験豊富なコーディネーターが、人材の「スキル」「キャリア」「タイプ」をチェックしています

    これまで1000人以上の人材と100社以上の企業と面談してきたコーディネーターが全ての人材と対面にて「スキル」「キャリア」「タイプ」をチェックしているため、ミスマッチのリスクは最小限です。

  • #4コストパフォーマンスが高いです

    一般的にディレクスのITディレクターが担うポジション・役割の費用は、大手コンサルタントファームであれば200万円~300万円/月、大手Sierであれば100万円~200万円は当たり前です。
    ディレクスのITディレクターであれば、80万円~150万円/月が標準の費用感となっており、スキル・経験によってはより低価、高価の場合もあります。また、予算ありきでご提案させて頂いたり、内容によっては成果報酬型とすることも相談可能です。

  • #5テクニカルスキルに秀でたスペシャリストエンジニアもご紹介できます

    ディレクスの標準的なスキルセットは上流工程、マネージメントに特化しておりますが、こういった人材だけではなく、テクニカルスキルに特化したITアーキテクト的な人材と組み合わせることによって、
    より高い効果を得ることができます。

お問い合わせはこちら

ディレクスの契約形態

  • 準委任契約 業務委託契約(ディレクス標準形態)
  • 労働者派遣契約
  • 人材との直接雇用契約

お問い合わせはこちら

ディレクスの利用方法

  • 1

    お問い合わせフォームにて各項目を記入し、送信をクリックしてください。

  • 2

    送信内容は即座に担当コーディネーターに通知されますので、お問い合わせ内容を確認させて頂き、最適なITディレクターとコンタクトを取ります。

  • 3

    そのITディレクター自身も、その興味を持って下さった企業様・内容に興味があれば、面談の日程調整をさせて頂きます。※何らかの理由で辞退させて頂きたい場合でもきちんと対応させて頂きますし、似たような人材でも宜しければご提案をさせて頂くこともできます。

  • 4

    面談時には担当コーディネーターも同席させて頂き、以降各種調整をさせて頂きます。

  • 5

    双方合意ができましたら、契約手続きをさせて頂きます。※契約形態については、上記<契約形態>を参照

  • 6

    契約中に実務以外の面で何らかご相談やご調整依頼がありましたら、担当コーディネーターが随時対応させて頂きます。

お問い合わせはこちら